費用をかけずにセレナを廃車にする方法


セレナの廃車をディーラーや
代行業者に頼むと2〜3万円の代行料がかかります。


自分で廃車手続きをする場合は、
費用の他にナンバープレートの返却や
各種書類を陸運支局に届け出る時間と手間
が必要になります。


費用をかけずにセレナを廃車にする
なら事故車専門の買い取り店を利用すると
お金をかけずに済みます。


例えばこちらのセレナ。
ニッサン セレナ

平成27年式、自走不可で
修理見積もり180万円が83万円で
買い取りされました。


そしてこちらのセレナ。
ニッサン セレナ

平成20年式、自走可ですが
修理見積もり70万円が25万円で
買い取りされました。


こんな状態のセレナでも
買い取りしてもらえるんですね。


セレナは人気車種なので、
修理用の部品取りにも需要があるそうです。


他にも修理代の安い国で修理して
諸外国に販売するといったルートも
あるそうです。


事故車専門の買い取り店ならではですね。


廃車にする場合はこういったサービスを
使うとお金を使わずに済みます。


査定料やレッカー代なども無料ですし、
税金還付や保険手続きの相談にも応じて
くれます。


ディーラーや代行業者に廃車を頼む前に
まずは査定してもらってはいかかでしょうか。


先ほど紹介したセレナを買い取った
お店の詳細はこちらよりご覧いただけます。
事故車買取の<タウ>